風月

TEL : 06−6353−3730 お持ち帰りOK(事前にお電話頂けばご用意致します)
営業時間:11:00〜22:30(21:30ラストオーダー) 定休日:毎週火曜日

松阪豚

完成された肉質「松阪豚」

松阪ならではのブランド豚を目指し、研究開発の末誕生した「松阪豚」
赤身にサシが入った肉は、松阪牛にもひけをとらないと評判です。

松阪豚の3つの特徴

松阪豚ってどんなお肉!?
この機会に3つの特徴を覚えてください。 

  • 松阪牛を彷彿させる霜降り

  • 人の体温で溶け出すまっ白な脂肪

  • 臭いもなく柔らかく弾力がある赤身


松阪豚は餌から違う

植物性タンパクの多いマイロ麦と大豆をふんだんに使用し、免疫を高める乳酸菌と酵母を配合したオリジナル飼料だけを使用しています。
合成タンパクなど加工された餌は一切使用していません。
また、免疫力が弱い幼少期にワクチンを少量投与するのみで、その後は、抗生物質・薬剤を一切投与しません。

飼育期間にもこだわる

一般的な豚の飼育期間は、もっとも流通の多いハイブリッド種で150〜170日、主なLWD三元豚で190日前後で出荷されています。
それに対し松阪豚は210〜220日をかけて出荷します。
じっくりと育成することで、母豚・種豚の血統をしっかりと受け継ぎ、栄養価高く、細雪のような脂肪のサシが入った弾力のある桜色の肉質になります。

出荷

屠殺する前日の午後に松阪食肉公社に搬入。一昼夜絶食した翌日に屠殺解体されます。


どんな豚が松阪豚!?

松阪地区で飼育されたLWD三元交配豚のことを「松阪豚」といいます。



※LWD三元交配豚とは

ランドレース(L)と大ヨークシャー種(W)を交配した母豚(LW二元豚交配豚)にデュロック種(D)の雄の種豚を掛けあわせたものです。



「松阪豚」は、みえセレクションに選出されている食材です。


ご依頼いただければ、サンプルをお届けいたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

<配送・配達可能です>
●飲食店用 ●加工食品 ●贈答用
●ミンチ ●家庭用