風月

TEL : 06−6353−3730 お持ち帰りOK(事前にお電話頂けばご用意致します)
営業時間:11:00〜22:30(21:30ラストオーダー) 定休日:毎週火曜日



















Message

変わらぬ味を

歴史とこだわりをご覧下さい。

Message01

昭和25年 大阪天満に風月の味が生まれました

お好み焼きの草創期から

元々、パン職人として飲食業に携わっていた三宅知新は、甘味処だった”甘党 風月”を買い取り、新たな飲食店をオープンさせました。それが今の“天満風月”です。
アイデアマンだった知新は、当時一般的だった洋風焼とは一線を画した、キャベツたっぷりで粉が少ない焼き物を考案します。これが今の”お好み焼き”です。
知新の発想は、そこで留まりません。
鉄板の両隅にあいたゴミ取りの穴を考案し鉄板屋にアイデアを無償提供したり、当時は高価で手が出なかったマヨネーズを自家製しソースと共にマヨネーズをかけるスタイルを定着させました。
そんな歴史を経て、お好み焼きの草創期から、天満風月は今も変わらぬ美味しさをお届けしています。

天満風月|開店当時天満風月|開店当時

Message02

キャベツたっぷり、粉が少なく、卵がいっぱい

さくっとした歯ごたえと、しっかりとした味わい

ポイントの一つがキャベツ。
専属八百屋から仕入れるお好み焼きに最適な”ひねキャベツ”を、歯ごたえが単調にならないようカットの仕方を組み替えながら、細すぎず太すぎないサイズに千切りします。
生地なる粉は、厳選した小麦粉を選び抜いた出汁と卵でといています。
もちろんソースにもこだわり、何種類ものソースをブレンドし、天満風月のお好み焼きにベストマッチするソースをご用意しています。
創業当時から愛され続けている味をしっかりと守っています。

天満風月|新聞記事天満風月|新聞記事

Message03

ソバもうどんも“こだわりの自家製麺”

「最高に美味しいプリプリ麺」をお客様に

製麺キャリア数十年の三代目が作る自家製麺。小学校5年生から先代に仕込まれてきたその腕は今も進化しています。
食材は生き物。日々の天候や環境によってその姿は変わります。その変化を先読みするかのように、気温・湿度・季節などを考慮して、材料の分量を変えていきます。
厳選した小麦粉に選び抜いた水のみで構成された麺は、その時に最適な分量で丹精込めて練り上げられるのです。
そして、完成した麺の状態から、ゆであげ時間も考慮し、常に「最高に美味しいプリプリ麺」をお客様にご提供しています。

天満風月|自家製麺天満風月|自家製麺

Message04

のれん分けした系列店も全国に

「最高に美味しいプリプリ麺」をお客様に

天満風月も気付けば早64年。そんな長い歴史のなかで、のれん分けしたお店は数多く・・・・。
今でも同じ麺を使い、同じ製法で、同じ想いでお好み焼きを提供している系列店があります。
ぜひ、お近くにお越しの際は、系列店にも寄ってみて下さい。昭和25年から変わらぬ美味しさを味わって頂けることでしょう

新橋風月

06-6971-7520
大阪市東成区大今里西3丁目3-21

広島・江田島風月

0823-42-1038
広島県江田島市江田島町小用3-1-1

 
アルバイト募集中

お気軽にお電話下さい。詳細は面接にてお伝え致します。